ドイツのクリスマス特集~名物の料理教室とクリスマスマーケットLive中継〜わしょクックx 世界仮想旅行社〜

【わしょクックx世界仮想旅行社コラボ企画!一緒に作るお料理教室♪】
【今年のクリスマスの食卓には、旅を感じる一品を添えてみませんか?】

今夜のご飯はドイツ料理で!という日があったら面白いと思いませんか?

バリエーションに富んだお料理教室で新聞・テレビでも話題のわしょクックと、オンライン旅のプロである世界仮想旅行社の初コラボ企画です!

テーマは「料理で旅するドイツのクリスマス」

ドイツでは、クリスマス前の約四週間は、誰もが一年中楽しみにしているアドベント期間になります。

アドベント期間に入りクリスマスが近づいてくると、明るい時間がどんどん短くなる代わりに、
イルミネーションやクリスマスのデコレーションが街を明るく美しくし、クリスマスマーケットが盛り上がります。

クリスマスマーケットと言えば、やはりドイツが思い浮かぶ方も多いのではないでしょうか。

マーケットに近づくと、辺りにはいい香りが充満しています。
ホットワインのハーブの香り、ドイツのストリートフードの王様とも言えるグリルソーセージが放つ香ばしさ、白砂糖をまぶした一口サイズのパンケーキなど、屋台から屋台へと渡り歩くのがやめられなくなりそうですよね!

当日はそんなクリスマスの雰囲気を、皆様にたっぷりと味わって頂きたいと思います!

①イベント前半:お料理で世界を旅する『たびクック』の時間
クリスマス時期には欠かせないおやつ、
・じゃがいもパンケーキ(Kartoffelpuffer)のアップルピューレ(Apfelpurre)添え
・ホットワイン(Glühwein)
を一緒に作りましょう。

講師は、ドイツにお住まいのわしょクック認定講師、篠崎明江さんです。

どなたでも簡単に作れるように明江先生が工夫したレシピを使います。
事前にレシピを送りますので、材料などご準備下さい。(日本で手に入る材料です)
もちろん、当日のお料理作りはしっかり見学して頂き、後日改めて作って頂いても大丈夫です!

②イベント後半:テイスティングパーティ&ローテンブルク街歩き(LIVE中継)
無事にお料理が出来上がったら、じゃがいもパンケーキを味わいながら、皆でホットワインで乾杯しましょう♪

そしてお料理を味わいながら楽しんで頂くのは、クリスマスのデコレーションで輝く中世の街からのLIVE中継。
今回の街歩きは、ローテンブルクの街とクリスマスマーケットです。

ローテンブルクと言えば、観光街道のひとつ「ロマンチック街道」のハイライト。
この街では、一風変わった方法でクリスマスツリーを飾り、その幻想的な様子は見逃せない見どころの一つです。お楽しみに!

歩いてくれるのは、もちろんこの人!世界で唯一、ロマンチック街道のアンバサダーに認定されている、ドイツ在住の上野けいこさんです。

アツアツのじゃがいもパンケーキとホットワインで温まりながら、
キラキラした冬のクリスマスマーケットを実際に歩いているような体験をしてみませんか?
イベントに参加して「ドイツのクリスマス・ナイト」を一緒に過ごしましょう。

ご参加を楽しみにお待ちしております!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◇日時:12月4日(日)18時00分〜19時40分
※レシピ&準備頂く材料を、事前にメールにてお送りします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【こんな方におすすめ】
・ドイツに行ってみたい、行った事がある
・クリスマスが好き
・クリスマスマーケットが好き、歩いてみたい
・お料理が好き、世界のお料理を作ったり食べてみたい
・普段の食卓に、旅を感じる一品を添えてみたい
・グルメ旅が好き
・海外旅行が好き
・ドイツ語や文化に興味がある
・今年の冬や、来年に海外旅行をする準備をしたい
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【当日のスケジュール】
① 自己紹介
② お料理教室
③ テイスティング・パーティをしながら、ドイツ・ローテンブルクのクリスマスマーケットをLive中継で散策♪
④ 質問タイム

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◇世界仮想旅行社とは?
2020年5月にスタートし、「人と世界に会える、オンライン旅」を提供するプロジェクト。
北米、南米、ヨーロッパ、アフリカ、中東、東南アジアなど世界各地と繋いだオンライン旅行から、
屋久島、熊野、東京など、日本各地とも連携した企画を実施。
通算約30,000人を超える皆様にご参加頂いています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【アーカイブ配信につきまして】
イベント終了後、一週間以内に、皆様にメールにてご視聴URLを配信します。
その後一か月間、何度でも閲覧可能です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

~ イベントご参加にあたりまして、下記をご確認ください ~

【催行中止の場合】
現地の悪天候、通信トラブル等避けられないトラブルが起きた際は、イベントの催行を中止させて頂く場合がございます。
なお、催行中止の連絡がない場合は予定通りイベントは催行となります。

① 催行中止の判断
原則、イベント実施日の当日朝に判断を行います。

②催行中止の際のご連絡
メールにてご連絡いたします。メールが届いていないか確認をお願いします。

【その他注意点】
・当体験は、インターネット上で主に映像を介してお楽しみ頂くものとなり、インターネットの通信が必要となります。その際の通信費についてはお客様負担となります。
・ツアーの進行を妨げたり、他の参加者に対して不適切な言動や行為を行う等、主催者が不適当と判断した参加者については退室をお願いすることがあります。
・その他、特筆すべき注意点がある場合には、イベントの内容欄に記載をいたしますのでご確認下さい。
・今回のイベントで、配信ツールとして利用いたしますZoomの使用に関しては、参加者の皆様で事前に利用環境の確認をお願いします。

フランス・ロワール地方〜ハロウィーン編〜

フランスの自然豊かなロワール地方に住んでいる彩子さん。

なかでもシノンとワインで有名な場所でワイナリーの中にある彩子さんの家で和食の料理教室をご紹介しています。

フランスの家庭料理はシンプルな具材ちょっとしたハーブや調味料を使って活かすので日常に取り入れやすいレシピが多くあるそうです。

今回はハロウィーンのぴったりな秋のお料理をご紹介頂きます。

メニュー

①サーモンときのこのソテー

②ひよこ豆のフムス

③カボチャのポタージュ

Happy Halloween!

マヤ族が食する家庭料理とピラミッドの謎

今回は パワースポットコンシェルジュの坂梨さん(旅行会社運営)と共同企画のメキシコマヤ族の料理とピラミッドの謎です!

メキシコ・カンクン在住のみどりさんに教わる、

『マヤ族が食する家庭料理とピラミッドの謎』のオンラインクッキングを楽しみましょう。

みどりさんはマヤ族のツアーをされているガイドさんです。ツアーに際し、マヤ族の方達と触れあう中で、家庭料理を知るようになったそうです。

今回は、みどりさんが本場で学んだお料理の一部をご紹介頂きます。

◆マヤ遺跡ハンターでもある、みどりさんの絶妙なトークで、皆様も現地にいる感覚で、一緒に料理をつくることができます!

◆一生に一度行くか行かないかの地球の裏側に行って中南米最大のパワースポット、ピラミッドの謎に迫れます!!

◆古代マヤのいにしえに想いを馳せ、時空を超えたロマンとパワーを、現地よりお届けいたします!

お料理

①Poc chuc<ポクチュック>

豚肉を使ったメキシコ東部の郷土料理

オレンジの果汁でマリネしたお肉を焼く、マヤ族に古くから伝わるお料理で、さっぱりとお肉が食べられる一品

②Pico de gallo <ピコデガジョ>

メキシコの家庭料理には欠かせない新鮮な薬味

 

みどりさんのご紹介

Midori Suzukiさん

マヤ遺跡ハンター


メキシコ・カンクン在住。

マヤ遺跡ハンターとして、マヤ遺跡のピラミッドや、マヤ末裔の村のツアーガイドとして活動中。

ズームでのバーチャルツアーは臨場感溢れる解説で大人気。趣味はメキシコプロレス観戦。

坂梨さんのご紹介

名前:坂梨次郎(さかなしじろう)

パワースポットコンシェルジュ

陰謀論研究20年以上の専門家。

中米コスタリカに在住経験があり、中南米の文化や国内事情に詳しい。現在は、古代日本と古代中南米文明一体論を研究中。

中南米におけるマヤ遺跡やマチュピチュ遺跡のバーチャルライブツアーも実施中。

タイ・バンコクの定番料理を作ろう!

今回は、タイ・バンコクへお料理で旅します。 暑い南国のお料理で暑い夏を乗り切りましょう!

<講師TOMさん>

MY NAME IS TOM FROM THAILAND I WAS BORN IN SINGBURI MIDDLE OF THAILAND.
I GRADUATED A BACHELOR DEGREE ABOUT BUSINESS ADMINISTRATION FROM THE UNIVERSITY OF THE THAI CHAMBER OF COMMERCE IN BANGKOK THAILAND
2008:THEN I WENT TO STUDY IN LONDON, ENGLAND, UNITED KINDOM SINCE THAT I ALSO START TO WORK AS A MASSEUR
I DO FIX THE BODY ALSO HELP THE PEOPLE WHO EVER HAVE STIFF BODY, ACHY BODY, LOWWER BACK PROBLEM
2012: CAME TO JAPAN AND DO MASSAGE UNTIL NOW BUASAWAN THAI MASSAGE AZABU-JUBAN
THAI FOOD
MOSTLY I STAY OVERSEA BUT STILL WANT TO EAT THAI FOOD THEN I ALSO WORK AND COOK THAI FOOD AS WELL
WHAT I CAN DO?
THAI YOGA MASSAGE, THAI OIL COMBINATION MASSAGE, FOOT MASSAGE REFLEXOLOGY.
COOK THAI FOOD

今回はTOMさんが働くタイマッサージのオーナーでわしょクック認定講師でもある斉藤美奈子さんと一緒に教えて頂きます。


 

メニュー

ガパオ(กะเพรา)

Thai stir-fried minced pork with basil
タイでは一般的な馴染みの深い料理で良く家庭でも食べるタイの国民食です。日本では鶏肉を使用したものが一般的ですが、タイでは鶏肉だけではなく豚肉や魚介など様々な食材が使用されます。作り方はとてもシンプルで、唐辛子とニンニク、ひき肉を強火で炒めたら、ナンプラーや砂糖で味付けをします。

ソムタム(パパイヤサラダ)

ソムタムとは、タイ料理で人気の青いパパイヤを使った本格サラダです。青パパイヤのシャキシャキ食感がやみつきになります!パパイヤを潰す特殊な器具が必要なので胡瓜で代用します。




ガパオ

パパイヤサラダ

 

 

 

スペイン・アルベルカのお料理

今回は、スペイン・アルベルカへお料理で旅します。
夏休み中の開催なので、お子様も参加できるようなメニューにしており、冒頭は弘美さんの畑からお届けするので地元の暮らしを体感して頂けます!

弘美さんとソレさん

佐藤弘美さん

1997年夏にスペイン、マドリッドに引越し、 2000年からイベリコ生ハム関連の仕事に携わり、日本向けのスペイン産品の輸出などに従事。 2010年 12月からアルベルカ在住。
2005年からブログでスペイン料理情報をはじめ、アルベルカや地域の情報などをいろいろ発信されています。

5年前から畑を始め、翌年から亜麻の栽培も開始。
亜麻や羊毛から、糸を紡ぎ、染色や織布、編み物やフエルトの製作をする天然繊維のアソシエーションの設立に加わり、今後、地域の人たちと協力して、地域全体の観光や産業振興に発展させるようにもくろんでいます。

村役場のソレさんとコラボして、日本人向けにアルベルカの村のオンラインツアーや、オンラインお料理クラスを開催されています。

世界遺産都市のサラマンカ在住する日本人男性とコラボし、イベリコ生ハムの話をしながら、サラマンカとアルベルカの2箇所をつなげてお散歩するオンラインツアーも。

ソレさん

小さなころから、お母さんの故郷、アルベルカとセビリアを行き来する生活。夏休み中は、大家族の唯一の女の子として、お祖母さんや伯母さん・ 叔母さんたちと一緒にみんなで料理を作っていらっしゃいました。

12年前、セビリアからアルベルカに拠点を移されました。

以前はレストランにてシェフ・ソムリエとして勤務していらっしゃいましたが、現在は観光ガイド、村役場の文化担当など、いくつものお仕事を抱えるパワフルな女性で中学生の2人息子と一緒に暮らすシングルマザーでもあります。

メニュー

Arroz con Pollo(アロス・コン・ポジョ、鶏肉とお米のお料理)

Picos de Gallo (ピコス・デ・ガジョ、 夏野菜のサラダ兼ソース)

アロス・コン・ポジョ

ピコス・デ・ガジョ

畑のトマト

畑の様子

スペイン料理について

スペイン料理は、素材の良さを生かし、豊富なトマト、パプリカ、にんにく、オリーブオイルをふんだんに使ったお料理が多いです。
イタリア料理、ギリシャ料理、南仏料理などと一緒にまとめて、地中海料理という呼び方をして、最近では健康によい食事、長寿の食事と言われています。

アルベルカは、山の中の村なので、海産物以外の地中海料理の食材を身近に手に入れることができます。

SNS

スペインの美味しい食卓から https://amigoplaza.seesaa.net/

アルベルカのブログhttps://laalbercajp.seesaa.net/

シエラ・デ・フランシアのブログhttps://sierradefranciasalamancajp.blogspot.com/

facebook https://www.facebook.com/hiromiamigos

南ドイツの定番お料理スリーコース

ドイツ在住のけいこさんは在ドイツ17年の街歩きガイド、ヨガトレーナ、栄養コーチ。

けいこさん

○2021年に脱サラ、15年間勤めた大手物流会社を退職し、フリーランスとして新 たな道を歩き始めました。

○旅にまつわる撮影やガイドのお仕事で ドイツ観光の魅力を発信するかたわら、 ヨガレッスンやダイエットコーチング をしており、食に彩りを添えるお料理 教室「Keikoのレインボーキッチン」 もオンラインで不定期に開催。

○2022年2月に旅エッセイ 『そして私は旅人になった 〜35日間816kmの徒歩旅が生んだ 二つの記録』を出版。

今回のメニュー

南ドイツの定番お料理スリーコース

メイン: ソーセージの白ワイン酸っぱ煮

付け合わせ: チーズパンとベジタワー

デザート:カイザーシュマーン (南ドイツ風パンケーキ)

ソーセージの白ワイン酸っぱ煮

ベジタワー(真ん中のベーコンのプルーン巻きは今回作りません)

カイザーシュマーン(フルーツやアイスはお好みで)

ブリスベンのスリーコース・メニュー

〇海に囲まれたブリスベンの郊外(車で30分)のレッドクリフに住んでいるユキさん


ユキさん

海岸ラインはぐるっとウォーキングコースになっていて、海沿いにはラグーン、緑豊かな公園が整備されていて地元のオージーがゆっくりのんびりする観光地になっているそうです。




〇オーストラリアに住んで14年。息子のバースデーケーキ作りをきっかけにお誕生日ケーキやパブロバ作りに夢中になり、パブロバアーティストとして販売などもしています。




また、現地の生活の中で改めて日本の食文化の素晴らしさに気づき、子供の頃から和食を取り入れることで健康な体をつくるお手伝いがしたいと、和食を取り入れたスクールランチボックスクラスを開講。和食を通してオーストラリアと日本の架け橋となるべく活動されています。




 

メニュー

 
メイン:バラマンディ(スズキ)のマスタードソース

 付け合わせ:パルメザンガーリックトースト

 デザート:抹茶ラミントン

 

バラマンディ(スズキ)のマスタードソース

パルメザンガーリックトースト

抹茶ラミントン

ブルガリアの伝統料理

〜講師はDenitsaさん ブルガリアの方で東京在住でマクロビの先生です〜

今回のメニュー ~材料はご自身でご用意ください。事前にレシピをお送りします。~

前菜:冷たいヨーグルトのスープ

メイン:ムサカ

デザート:ライスプディング

今回のレッスンは英語になります。
英語とお料理が同時に学べる嬉しい機会です😊

英語にあまり自信のない方も、お料理は見ていれば何となく分かるので、見よう見まねで作って頂けます。

ちょっとでも海外の空気や雰囲気に触れたい方はたくさんいらっしゃるのでしょうか?

みなさまお誘い合わせの上、是非ご参加ください!!

    

フランス ロワール地方の家庭料理

~講師はフランス ロワール在住・野田彩子さんです~

〇フランスの自然豊かなロワール地方に住んでいる彩子さん。
なかでもシノンとワインで有名な場所でワイナリーの中にある
彩子さんの家で和食の料理教室をご紹介しています。

〇フランスの家庭料理はシンプルな具材ちょっとした
ハーブや調味料を使って活かすので日常に取り入れや
すいレシピが多くありますそうです。

〇今回はとっても簡単なフランス家庭料理
~鶏肉のマスタードソースとキャロットラペ~をご紹介頂きます。

<今回のメニュー>
~材料はご自身でご用意ください。
事前にレシピをお送りします。~

鶏肉のマスタードソースとキャロットラペ (フランスの人参サラダ)
マスタードとタイムの組み合わせは魚やお野菜にも応用できます。
キャロットラペは時間を置くとより味が染みておいしいの作り置きの副菜になります

 

 

スペイン・カタルーニャ地方の家庭料理

〜講師はバルセロナ在住10年の野崎さやかさんです〜

〇さやかさんはニュージーランドの語学学校で出会った
ご主人と3年間の遠距離恋愛を経て、11年前に結婚し、今は二人の息子とバルセロナ郊外のLa Garrigaという街に住んでいらっしゃいます。

〇Garrigaという街はバルセロナから30km離れていますが、車で30分、電車でも直ぐにバルセロナまでアクセスする事が出来る街だそうです。

〇基本的にご家庭では日本食がメインのようですが、ブラジル人であるご主人のお母さまは料理がとっても上手!
週末の家族団欒のランチには、ブラジル料理、スペイン料理、日本料理、
とインターナショナルな料理が並ぶそうです。

<今回のメニュー>

~材料はご自身でご用意ください。事前にレシピをお送りします。~

メイン:豚の頬肉の赤ワイン煮(豚の肩ロースで代用)
スペインのレストランでは、平日にはどこもランチメニューが出ます。
前菜、メインプレート、デザート、ワンドリンクで12€前後と割とお手頃価格。
そして、そのメインプレートでよく出てくるのが、『豚の頬肉の赤ワイン煮』です。
スペインでは動物の耳から足先、しっぽ、まできれいに調理して食べる習慣があるのですが、この頬肉も美味しく調理します。
赤ワインと沢山の野菜で煮込んだお肉は柔らかく、ポテトとの相性もバッチリです。

 

サイド:エスカリバーダ
『エスカリバーダ』はカタルーニャ州のバルに行くと、必ずといっていいほどあるワンプレート。
なす、玉ねぎ、パプリカなどの野菜をオーブンでじっくり調理し野菜の旨味が凝縮された一品です。
食べ方は、お肉と一緒に食べたり、トーストしたパンにのせたり、色々な料理と組み合わせることができます。
冷して食べることが多く、バルで出てくるときは大体冷たい状態で出てきますが、出来たての温かい『エスカリバーダ』も美味しいです。